遺族の負担を解消する遺品整理サービス|真心込めた丁寧な作業

家族

石材によって変わる品質

墓地

終活の一環として、最近では生前に墓石の注文を行なう人が増えています。通常であれば、亡くなった場合は先祖代々のお墓へと祀られるものですが、お墓の永代使用権者ではない次男や三男などであれば、新しくお墓を建てる必要があるのです。お墓を建てる場合、設置する場所のよさだけでなく、墓石の質についてもこだわりたいものでしょう。見た目も美しく、劣化による影響や苔が生えにくい墓石となれば、誰もが満足できるお墓を得られるでしょう。高級な石材となると、見た目の美しさもさることながら、硬質であり水を吸いにくいことから、長期間劣化も見られず美しい姿を保つことができます。庵治石や本小松石などが高級な石材として有名であり、年月によって深みを増す色合いであることから、多くの人に注文されている石材なのです。

お墓を建てるとなると、多くの人が懸念するのが、その費用でしょう。大型の石を切り出して作成するわけですから、石材による値段と人件費によって高額な費用が必要となるのです。安くお墓を建てたいならば、使用する墓石の石材を安いものにするとよいでしょう。価格の安さから現在多くの人に注目されているのが、中国産の墓石です。人件費や物価が安いので、国産品の墓石よりも安い価格で手に入れることができます。しかしながら、中国での墓石加工による歴史はまだ浅いといわれており、クオリティにおいて国産の墓石に劣る場合があります。確かな品質を得たいならば、国産の石材を使った墓石を選ぶとよいでしょう。国産の石材も価格はピンきりであるので、墓石を扱う会社に予算を伝え、予算に合わせた価格の墓石を選びましょう。